1. 井上誠耕園 > 
  2. 季節限定 > 
  3. 小豆島せとうち感謝館
  4.  > 小豆島の田作り

おせちにぜひ!素干しいわしを使った本物の「田作り」です。

小豆島の田作り
昔、片口いわしの稚魚を素干ししたゴマメを肥料にしたところ大豊作になったことが田作りの語源です。それから、五穀豊穣を願う縁起物として食べるようになりました。 五万俵ものお米が収穫でき大豊作になったことから五穀豊穣を願いお正月に食されるように。

煮干ではなく「素干しいわし」を使うことから紙面にも「本物」の田作りという表現をしています。
※地域によっては「ごまめ」、「本田作り」とも呼ばれています。

国産いわしを島の佃煮職人が小豆島産醤油でつくた贅沢な逸品です。

小豆島の田作り
田作りには「煮干(いりこ)」ではなく、水揚げして天日干しされた「素干しいわし」を使用しています。

口先から尻尾の先まで約40㎜~65㎜前後までの物を使用し、水揚してから真水で水洗いすることによって,海水の塩分を和らげ、美味しい田作りに仕上がるように味を調整しています。
小豆島の田作り
国産いわしをそのまま太陽の光で天日干しをすることで色艶、風味がよくなるんです。

その後、熟練の目利き職人が丁寧に手選別します。形が崩れないように丁寧に作業して、色を綺麗に保つために炊き込みすぎないようにしています。

素干ししたいわしのほろ苦い味わいをいかすため、島伝統の佃煮職人が小豆島産醤油を使って秘伝のたれで仕上げました。素干しいわしそのものの旨みを引き出すために食品添加物は使わず、甘めに味付けをしています。絶妙な美味しさの「本物」の田作りになりました。是非一度お召し上がり下さい。

小豆島の田作り

おせちにおすすめ!素干しした国産いわしを島伝統の佃煮職人が小豆島産醤油でつくりあげました。 昔ながらの「田作り」のつくり方を守り、獲れたいわしを茹でずにそのまま「素干し」したいわしをそのまま使いました。素干ししたいわし本来のほろ苦い味わいを活かすため、小豆島産醤油を使った秘伝のたれで甘口に仕上げました。

より素材を生かすために、保存料、着色料、調味料(アミノ酸等)は使っておりません。
規格名・商品番号 通常価格
(税込)
販売価格
(税込)
在庫 数量
内容量 : 45g
04845--
ご指定可能日:7営業日以降
包装不可のし不可
1,080円 972 あり
原材料名
いわし(国産)、還元水飴、砂糖、たん白加水分解物、醤油(小麦・大豆を含む)、食塩、酵母エキス
賞味期限
2021年3月末
食塩相当量
45gあたり2.2g
×

カートに商品が入りました。

お買い物カゴへ
information
2020.10.26
秋の大収穫祭キャンペーンのお知らせ 詳しくはこちらより
キャンペーン特典12/25(金)まで
・年に一度の「10%割引」
・10,000円以上お買い上げでさらに!「送料無料」
 ※同一配送先に限ります
・15,000円以上お買い上げでさらに!「5%割引」プレゼント
contact info@inouseikoen.co.jp phone

平日・土曜日・午前9:00〜午後5:00

sns
facebook line