お問い合わせ
インターネットでお問い合わせ
閉じる

【キャンペーンの適用について】
商品を買い物かごに入れると商品カタログやDMに記載のキャンペーン特典が適用されます。

小豆島産アルベキーナオリーブオイル 180g 180g
限定商品
のし可 包装可 紙袋可

小豆島産アルベキーナオリーブオイル 180g

6,998
商品番号
01167
在庫:あり
配送日
5営業日後から配送日指定が可能です
※ご一緒に購入する商品によっては届くお日にちが変わります。 ※お届けする地域によってお日にちの一部変動がございます。
 
配送料について詳しくはこちら
まるで南国フルーツのような甘い香り、上品でまろやかな味わい
果実が小さく、収穫に手間がかかるアルベキーナ種は、まるで南国フルーツのような甘い香りの上品でまろやかな味わいのエキストラヴァージンオリーブオイルです。
単一品種で搾る贅沢なおいしさは、他では味わえません。
賞味期限 製造日より1年
原材料名 食用オリーブ油(小豆島産100%)
甘い香りが一番の特徴。小豆島の大自然が育んだオリーブオイル
「オリーブオイルの美味しさ、素晴らしさをお客様にもっと楽しんでいただきたい」という、三代目園主の想いから生まれた「小豆島産アルベキーナ種」。

温暖な気候と豊かな自然のなかで育まれたオリーブ果実から搾ったオイルは、風味豊かで上品な味わいが特徴です。

なかでも搾りたてのアルベキーナ種は、やわらかく繊細、それでいて「甘い香り」が一番の特徴です。今しか味わえない旬の一品を、ぜひご賞味いただければと思います。

※写真は今年のシリアルナンバーではありません。
栽培から搾油、充填まで。作り手の想いが詰まった「アルベキーナ種」
栽培する土地や品種、搾り手の考え方のひとつで、味や香りが大きく変化するオリーブオイル。「小豆島産アルベキーナ種」は小豆島の畑で大切に育まれたオリーブ果実を、丁寧に手摘み収穫し搾油した贅沢なオリーブオイルです。

鼻にふっと抜ける「甘い香り」。この香りの秘訣は“アルベキーナ単一品種で搾っていること”と、“収穫から搾油までのスピード感”にあります。
数種類の品種をブレンドする「小豆島産緑果オリーブオイル」とは違い、単一品種のみで搾るためアルベキーナならではの香りがそのままお楽しみいただけます。さらに、単一品種だからこそ収穫から搾油、充填までの流れがとにかく早く、例え少量であっても収穫した果実は一日も早く搾油機にかけます。

搾油では温度・時間を調節しながら果実を粉砕し練り上げ、オイルだけを搾り出すことで、他では味わえない豊かな香りと上品で繊細な味わいがお楽しみいただけます。
私たちの想いが詰まった、小豆島産100%のエキストラヴァージンオリーブオイルは今年も間違いない、最高の出来に仕上がっています。
オリーブの原種に最も近く、生命力にあふれるアルベキーナ種
オリーブの産地とはいえ、小豆島に根付いてまだ百年余り。もっと学ぶことが世界にあると感じた三代目園主は世界一のオリーブ大国スペインへの旅立ちました。そこで巡り合ったのが「オリーブの原種に最も近い」といわれるアルベキーナ種です。

険しい崖の上でもたくましい姿でたたずみ、まるで自然の生命力を見せつけるかのように枝を張りめぐらせているアルベキーナ種。しかし、食べてみて驚いたのは、そのたくましい木の見た目とは真逆の「やさしくて繊細な味わい」。『この感動、この美味しさを絶対に日本にも伝えたい!』との想いから、小豆島に約200本の苗木を持ち帰り、園地に植樹しました。
アルベキーナ種とは
果実が小さい「アルベキーナ種」は一般的なオリーブに比べ約5倍の果実を使用します。180gのオイルを搾るためには、約2,000粒のオリーブ果実を使用しなければなりません。

小粒で収穫・搾油が大変なため日本でほとんど栽培されていませんが、その美味しさからヨーロッパでは高い評価を受けている品種です。
とにかく甘い!今年の一番搾り!
私たちが小豆島で作りだすアルベキーナ種は、とても繊細でやさしい味わいです。

今年のアルベキーナ種は香りがとにかく甘い。まるで南国フルーツのようなまろやかな香りが楽しめて、夏に雨が少なかった影響もあり、果実の香りがぎゅっと凝縮したように思われます。さらに、搾油機の温度・時間を調整しながら甘い香りを最大限に引き出しました。

限られた量を一人でも多くのお客様様にお届けするために丁寧に、丁寧に果実を扱い、収穫から瓶詰めまで最短期間でご用意させていただきました。
シンプルな食材と合わせてお召し上がりください
手収穫・手選別した私たちならではの細かな気配りが作り出した一滴。

この繊細で柔らかい味わいは、料理に“ほんの一滴”加えるだけで素材をそっと支える、まるで日本の「出汁」のように料理に旨みを与えます。パンはもちろん、旬の野菜やフルーツと合わせて。

火を通さずに、生のままお召し上がりいただくと、甘い香りがお楽しみいただけます。
品質へのこだわり[遮光瓶]
ページTOPへ戻る