ロープ張りの、大切な役目

このオリーブの樹を見てください!

右側にはピーンとロープが張られ、
一見、頑丈そうに見えますが、、、

スタッフ三木いわく、
「このロープは軽く引っ張るだけで、切れますよ」と一言。

そこでスタッフ三木に
ためしに引っ張ってもらうと。。。

ものの数秒で「パーーーンッ!」と、
ロープが切れました!

「えぇ!めっちゃ頑丈そうやったのに!!」と驚く私に、
三木さんは丁寧に話をしてくれました。

「ロープ張りはね、台風による強風で樹が倒れないようにすることはもちろん、
 樹が込み合ってしまうと、果実への風通しが悪くなって
 秋に〔タンソ病〕という病気になりやすいから、
 その病気を防ぐためにも行っているんよ。」

「あと、ロープは風当たりが強い場所は切れやすくなっててね。
 パッと見るだけではわからないかもしれないけど、
 長年の経験で、僕たちは見たらわかるんですよ!」

農園での経験が豊富だからこそ、
日々、樹木と向き合っているからこそわかる
「オリーブ」への知識。

私自身、これからも
農園スタッフたちから話を聞きながら
もっともっとオリーブのこと、柑橘のことを学んでいきたいと思います^^!

<担当 濱中>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。