自然いっぱい!小豆島の生きもの

生き物たちが活発に動きはじめる今の季節。
小豆島ではたくさんの生き物を
いたるところで目にするようになります!

\そこで本日は!/
わたし以外にも。。。
他のスタッフたちにも協力してもらい、
小豆島に生息する生き物を、激写!
ご紹介させていただきます☆彡

■狙うは旬の食べもの!

▲わかりますか?^^
畑のすぐ近くに姿を現す、野生猿!

 
旬野菜がたくさん育つ、今の季節。
野生の猿たちはおいしい食べ物を狙って
畑のすぐ近くまで、
山から下りてきます。


▲こちらに気づき、ジッと見つめてきます

猿は頭が賢く、
目を合わせた途端に、表情も豹変!
キッと牙をむけて威嚇してきます!!!

そのため猿がこっちを見てきたら、
こちらからソッと
目そらすことをオススメします^^;


▲電気柵があるため、
猿が下りてこれるのもここまで。

皆さまも猿を見かけたら
絶対に近づかないようにご注意くださいね!

■ぴょんぴょん跳ねる、生き物の招待は!?

▲暗闇のなかで、ぴょんぴょん跳ねる生き物

少し見えずらくて
すみません^^;

これは仕事を終えた帰りに
見つけた生き物なのですが。。。

生き物の正体は・・・
かわいらしい「野うさぎ」!!

大きな耳に、くりっくりの目は
暗闇の中でもひと際目立っていました^^。

夜行性のため、
日が暮れると活発に動きはじめる、野うさぎ。
調べてみると。。。
普段は単独で行動して巣は持たないそうです!
また寝ぐらからは300m~400mの範囲で
行動するそうなので・・・

もしかすると、
この近くに寝ぐらがあるのかも^^!?
でも、、、ここは我慢。
散策はせずに
ソッとその場をあとにしました^^

■2匹の仲良し、ウリ坊!

暗闇のなか、
ライトに照らされているのは
2匹のうり坊!

実は、イノシシの子ども時代は
「うり坊」と呼ばれており、
大人になった姿からは想像もできないほど
愛嬌満点!

ちなみにですが、、、
この縞模様は、敵から身を守るための保護色。
大人になると模様は消え、
全体的に、落ち着いた黒や茶色の体毛に。


▲何やら相談?している様子。。。

そんな2匹のうり坊。
こちらに気づき、
何やらくっついて相談しているように見えます。
(コショコショ・・・)

その結果!

▲茂みの中に、勢いよくジャ~ンプ!

「イノシシって、こんなに飛ぶんだ!」と
おもわず驚いた瞬間でした。

うり坊を見かけると
ついつい可愛くて近寄りたくなりますが
私の父からの教えは
「うり坊の近くには親がおる可能性が高いから
絶対に近づくな!」

皆さんも、
どうぞお気を付けください。

■おまけ♪

▲左から、スタッフ高橋、沈、濱中

今回、生き物を撮影したのは
この3人!
◎スタッフ高橋・・・うり坊!
◎スタッフ沈 ・・・野うさぎ!
◎スタッフ濱中・・・野生猿!

撮影した日は、
偶然農園に行っていた日だったり、
仕事帰りだったり、
休日だったり、、、と
さまざまですが^^

いつどこで遭遇するかわからない
島の生き物に
毎日ワクワクした気持ちで
過ごしています!

合言葉は
いつでも写真を撮れるように
「カメラを持ち歩こう!」

<担当 濱中>

24 件のコメント

  • イノシシとても可愛いですね、都会にいると田舎暮らしを憧れます、機会があったら一度行きたいです。

    • 4月に歩き遍路で猿,犬じゃない何かに出会い、鶯の大合唱に感激
      バスを待っている間,芝生に寝転んでいたら運転手さんが
      そこは、まむしがよく出るんだよと、ぞーとしました。

      • 匿名様
        コメントありがとうございます!
        春にお遍路で小豆島にお越しいただけたとのこと、大変うれしく思います!
        またその際に、さまざまな島の動物にも遭遇され、島の魅力を存分に楽しんでいただけたようで、本当によかったです^^・・・ただ、マムシやハメなどの蛇も小豆島にはたくさん出没しますのでどうぞ、お気をつけください。濱中

    • 松村 様
      コメントありがとうございます。
      イノシシの赤ちゃん、うり坊は見た目もかわいらしいですよね^^
      大きくなると、ちょっぴり怖いですが・・^^;
      また楽しい情報を、ご紹介させていただきますね!
      いつの日か、小豆島でお会いできることを楽しみにしております。濱中

  • いつも色々な情報ありがとうございます
    友人と昨年・小豆島旅行へ行く予定でしたが
    コロナ感染のため行けず今に至っています
    来年は行けるかなあ?と楽しみにしています
    ぜひ井上さんのレストランに行ってみたいです
    オリーブの花が咲くころがいいですか
    それとも実がなっている頃がいいですか
    小豆島のそうめんも大好きです
    早く旅行に行きたいです

    • 池添様
      コメントありがとうございます!
      小豆島への旅行計画、とてもうれしく思います!ありがとうございます。
      コロナ禍で大変ななか、わたくし共のことも考えてくださり、とてもうれしいです^^
      オリーブの花、果実、どちらもかわいらしく、見ていただきたいのですが、、、
      私のおすすめは、11月~12月にかけてです。緑から赤、赤黒く熟していくオリーブの姿、また合わせて柑橘の収穫もはじまります^^
      日本三大渓谷の「寒霞渓」も見ごたえ満点ですよ。コロナ禍が落ち着き、いつの日か小豆島にお越しいただける日を楽しみにしております。濱中

  • 野うさぎ、ウリ坊は可愛らしいのですが、猿は・・野生の猿は怖い。濱中店長、くれぐれも気をつけて下さい。でも自然豊かで羨ましい・・。
    1枚目2枚目の写真、猿見つけるの難しい。
    超難問クイズのようでした。

    • 佐藤様
      コメント、ありがとうございます。
      佐藤様がいわれますように、、、確かにお猿さんは怖いですね。。。
      ご心配いただきありがとうございます!
      私は大変怖がりな性格なので、、、
      お猿さんには近くまで寄らないので大丈夫です^^
      超難問クイズ、見つけていただきありがとうございます!濱中

  • 毎回ブログ楽しみにしています。
    小豆島に行きたくて行きたくて、去年の夏休みに旅行の計画を立てていたものの、コロナで断念。永住したいくらいて、役場にもお邪魔しようと思っていたくらいです。
    瀬戸内の落ち着く海を見ながらすごしてみたいです。
    小豆島の写真集とかあったらかいたいなぁ。ブログ楽しみにしています。

    • 黒澤様
      コメントありがとうございます!
      また、いつもブログを楽しみにしてくださっているようで
      大変うれしく思っております。ありがとうございます^^
      また小豆島に永住されたいとのこと、生まれも育ちも小豆島の私にとっては本当にうれしいお言葉です。
      コロナ禍で大変な世の中となりますが、一日でも早く平穏な日々が過ごせるようになりますことを、心より願っています。濱中

    • いくちやん様
      コメント、ありがとうございます!
      また鋭いご質問をいただき、ありがとうございます!
      オリーブ畑、みかん畑についてはイノシシが土を掘り返しているところは何か所もあります。
      その都度、農園スタッフたちは土を耕し、何度もやり直しを行うのですが、、、
      正直、いたちごっこのようになるときもあります。
      自然との共存はなかなか難しい反面、得るものもたくさんあります。
      この豊かな自然、大地、生き物たちに感謝の気持ちをもち、これからもスタッフ一同力を合わせて農作物を育てていきたいと思います。濱中

    • 匿名様
      コメント、ありがとうございます!
      また小豆島の良さをお伝えすることができ、私自身うれしい気持ちでいっぱいです。
      「コロナ禍を乗り切りましょう」とのお言葉、本当に励みになります!
      まだまだ不安な日々、悩む日々もあるかと思いますが、
      一日でも早く、平穏な毎日が送れるようになることを願っております。濱中

    • いくちやん様
       
      人間+動物。
      人口は残念ながら、増えていません^^;
      ですが、賑やかなのは間違いありませんね^^濱中

    • ブリオッシュ様
      コメント、ありがとうございます!
      写真を通じて、小豆島の野生の生き物をご紹介でき、また合わせてたくさんのお客様よりコメントもいただき、
      ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
      できるだけ、ブログでもいろんな島の景色をご紹介させていただきますので、
      どうぞ楽しみにお待ちくださいね^^濱中

  • 自然界の法則があるようですね。近くで見れて素晴らしい。猿は故郷にもいます。道の真ん中にて、ドカンと居座ります。蜜柑を狙いに来たりします。猿とイノシシは注意をしないと怖いです。
    暑さも、異常な程の照りで昼間の外出は控えている毎日です。
    頑張ってくださいね。

    • 古田 様
      コメントありがとうございます^^
      また、古田様の故郷にも、お猿さんが出没するとのこと。
      道の真ん中で居座るなんて、、、びっくりです!
      かわいいとはいえ、やはり野生動物には、自然界の法則があると思うので
      私も十分に注意して撮影等を行いたいと思います。
      応援、ありがとうございます!古田様も、どうぞお体を大切に。お過ごしください^^濱中

    • 筒井様
      コメント、ありがとうございます!
      「生き物語」!とっても素敵なネーミングですね^^
      またブログも楽しんでいただけたようで、とてもうれしく思います。ありがとうございます!
      これからも島の魅力を、お客様にお伝えできるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします^^濱中

    • 田中様
      コメント、ありがとうございます。
      またアンケートにて「メールアドレス」に誤りがあるとお伝えされていたにも関わらず、
      ご対応できていないようで大変申し訳ございません。
      もしよろしければ、下記URLよりご変更を承っておりますので、ご確認いただければ幸いです。
      田中様にはお手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。濱中
      ▼こちらよりご変更を承ります。
      info@inoueseikoen.co.jp

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。