オリーブの穂木(ほぎ)つくり♪

園地にあるハウスの中では・・・
「何を撮りょんな~!」
と、言いながらも、嬉しそうな表情を浮かべるスタッフ三宅の姿が!

実は朝から小雨が降る小豆島の園地では、
ハウスの中でオリーブの枝を挿し木へと育てるため
「穂木(ほぎ)作り」を行っていました^^!!

まずは、根が出そうな枝を選んで
パチン!パチン!と手際よく、枝を切り・・・

その枝を元気に成長するように
「発根促進剤」に浸します。

「この穂木から根がでたら、本当に嬉しく思うんよ~!」

そういって、穂木を作っていく
スタッフ三宅さんの眼差しはとても温かく、
まるで子供を見つめるような表情^^♪♪

これから、厳しい冬の寒さに耐え
「オリーブの穂木・苗木たち」が大きく成長していく様子を
スタッフたちと温かく見守っていきたいと思います^^

<担当 濱中>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。