【☆最終摘果☆】すもも畑の今!!

すもも畑では、まさに今!
「幸太郎もも」の最終摘果を行っています。

すもも畑は枝葉が込み合っているので、
地面から近い場所で写真を撮ると。。。

樹の間から、たくさんのスタッフが
摘果をしているのがわかります!

・・・最終摘果となる目安は、
果実の大きさが「3cm以下」であること。

というのも。
すもも栽培担当のスタッフ小川は
この日のために!!
毎日「天気」や「果実の大きさ」をメモ帳に記録。

目安となる果実にも印をつけ、
念には念を入れて、果実の成長を追っていました。

その結果、
大きな果実を実らすためには
最終摘果で「3cm以下の果実は落とさないといけない」
ということがわかったのです。

今年は昨年の経験を生かし、
できるだけ大きな果実が実るよう、
スタッフ小川は、他のスタッフたちにも細かく指示をだします!
~全体を見渡せるよう、少し離れた場所から摘果の様子を確認する小川~

今年は農園スタッフだけではなく
入社したばかりの新しい仲間17人も、
摘果に参戦しているため、丁寧に指導を行います!
~新人スタッフ西本~

ちなみにですが・・・
スタッフ小川いわく、
この下記写真の部分は
●葉の枚数に対する、果実の付き方
●果実と果実の間隔
●果実の大きさ
全てにおいて、良い具合の摘果ができてるそうです!

農園スタッフをはじめ、
みんなで力を合わせて摘果した「幸太郎もも」が
あと数週間後。
立派な果実へと成長していることを
ただただ願う、今日この頃です^^。。。
満面の笑みのスタッフ小川

<担当 濱中>

2 件のコメント

  • 小豆島にて農業、果実園その他生産農家の人々
    応援します、豊かな土地と人の英知が生み出す
    てしおのたまもの大切に味わい食したく思います、
    頑張ってください・・・

    • 土川文生 様
      こんにちは。コメント、ありがとうございます。また温かいお言葉をいただき、私自身も大変うれしく思っております。農園スタッフたちも、小豆島の豊かな大地で育てた果実たちを、ぜひたくさんのお客様にお召し上がりいただきたく思っております。これから暑い日が続きますが、どうぞ土川様もお体を大切にお過ごしください。濱中

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。