みかんの枝を、強剪定!

今日は朝から晴天の小豆島。
昨日の強風が嘘のように、穏やかです!

そんな中、みかん畑では
三代目園主井上が
「温州みかん」の樹を強剪定していました!

「ここのみかんの樹はな、移植するから
上の枝を強く剪定せんと根が枯れてしまうんや。
ちょっと躊躇するかもしれんけど、
これも勢いが大切なんや!」

実は園主は、
この場所を約半日かけてチェンソーで剪定。

その後、細かな部分は
全てノコギリを使って剪定を行います。

「手間かもしれんけど、やっぱり切り口はきれいじゃないと
病気になりやすいんや。
一つ一つ丁寧に仕事をすることが大切や!」

そう熱く語る園主をみて
私の心も
熱くかきたてられました!!

<担当 濱中>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。