草かき作業と思いきや・・・!?

先日の出来事。

農園に行くと、、、
スタッフ三木さんが「つるはし」で
オリーブの樹の周りをかいていました。

「今日は草かきをしているんですか?」の質問に、

「この場所はもともと水をためやすい土質でね。
 植え替えたときは
 たくさんの水分が必要だから良かったんだけど、
 樹が大きくなって水が溜まると
 根腐れしてしまう場合があるんですよ。
 だから溝を掘って、水がたまらないようにしてるんです!」
と、真剣な表情で教えてくれました^^

同じ小豆島で育てているオリーブの樹でも
土地や、土質、水はけに応じて
育て方を変えている農園スタッフ。

新しい樹が芽吹く春に
たくさんの新芽が芽吹くのが今から楽しみで仕方ありません。

<担当 濱中>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。