みかんの堆肥まき

みかん畑を見渡すと、
樹の周りにまるでドーナツのような円を描いて、
堆肥をまいているのがわかります。

一般的な考えでは
「根元に近いほうがいいのでは?」と思われがちですが、、、
実は、このドーナツ状に
堆肥を撒くのには、理由があります。

これは、みかんの樹に関わらず、
オリーブにも同じことが言えるのですが・・・^^;

樹は、まるで毛細血管のように
地面に根っこを張り巡らせています。

農園スタッフいわく、
その細い根の先端があるのが
ちょうど枝葉が伸びている先端の真下辺り。

そのためその細い根が
元気にイキイキと成長するよう、
そしてしっかりと栄養を吸収できるように
このように円を描いて、堆肥を撒いているのです。

・・・知れば知るほど、
農業の世界は、奥が深い!
私自身もまだまだこれから
学んでいきたいと思います^^!

<担当 濱中>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。