想いでの銀杏の木。

先日、子供たちを連れて
今年で閉校となる私の母校に遊びにいきました^^

するとそこで待っていたのは^^!

卒業してから数十年たっても変わらない、
大きな大きな、立派な銀杏の木。

小豆島の土庄地区では少子化のため
今年でいくつかの小学校は閉校となり、一つの小学校に統合されます。

とてもさみしく、
子供たちにとっては慣れ親しんだ学校が閉校になるのは
心苦しい思いもありますが、
こればかりはどうしようもないもの。

そんなときに、私自身この銀杏の木を見て、
とても心が癒され
なんだか心がポッと明るくなったので今日は、投稿させていただきました^^♪

みなさんの心が少しでも和んだら
私自身もとてもうれしく思います^^。。。

担当 濱中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。