虫送り

20070701.jpg
今日は半夏生(はんげしょう)。
暦では夏至から数えて11日目の7月2日ごろから
7月7日までをこのように言うのだそうです。
毎年、小豆島の肥土山地区では
「虫送り」という行事を行っています。
300年の歴史を持つこの伝統行事は
稲の虫除けと豊作を祈って行われ
あぜ道を親子が火手(ほて)と呼ばれる松明を持って
練り歩くんですよ。
日本の中でもこういった伝統行事が
次第に失われていく中
いつまでも大切にしたいなと
虫送りを見ながらしみじみ思いました。
             (スタッフ 時耕)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。