極み黒豆

極み黒豆

極み黒豆

  • 数量限定

かむほどに豆本来の旨味が口中に広がります 厳選された大粒の国産丹波黒豆を、やわらかく炊いてから、じっくり乾燥させました。
小豆島で30年以上愛されてきた素朴なおやつ豆。
上品でどこか懐かしい甘さがクセになります。

規格名・商品番号 通常価格
(税込)
販売価格
(税込)
在庫 数量
100g
04664--
ご指定可能日:7営業日以降
※包装・のし不可
648 あり
100g(2袋まとめて)
04664--02
ご指定可能日:7営業日以降
※包装・のし不可
※初夏のオリーブキャンペーン価格
(他キャンペーンとの同時適応対象外)
1,296円 1,257 あり

厳選された国産丹波種大粒黒豆

国産丹波種の黒豆の中でも一番大きな10mmの「2Lサイズ」よりもさらにひと回り大きい10.3mmの黒豆を使用。

豆が大きくなるほど、当然、原料が高価になり、また豆を炊き上げるときの味付けの見極めが難しくなりますが、こだわりの「極み黒豆」をつくるためにはやはり大きいものが良い、とのこだわりを持っています。

原料ではわずかコンマ3mmの差ですが、煮豆にすると3倍にふくれ上がるため、出来上がったときの差はとても大きくなります。

そして何とも言えない上品でやさしい甘みは、糖度を変えながら、「三日三晩」じっくりと煮込み、お豆にしっかりと甘味をしみ込ませることで生まれます。


外はサクッと、中はふっくら、しっとり

美味しさを決める秘訣が”乾燥”です。ただ煮豆を乾燥させるだけではお豆が固くなってしまい、ぼそぼそとして美味しい甘納豆にはなりません。

表面はサクッとして、中をふっくらに仕上げるためには、職人さんが手作業で豆の状態を確かめながら乾燥させる必要があり、豆の産地などによっても工程を変える必要があるため、それを見極める経験と技術が難しいのです。


試行錯誤の上に生まれた、島のおやつ豆です

職人さんは、この味・食感・品質にたどりつくまでに、何度も試行錯誤を重ねられて来ました。

昔ながらの人の手を加えなければ生まれない「こだわりのものづくり」をする職人の魂が受け継がれた「極み黒豆」。一粒一粒、大切に食べていただきたい、小豆島自慢の逸品です。




  • 原材料名、賞味期限はこちらopen
  • 原材料名

    黒大豆(国産)、砂糖

    賞味期限

    製造日より4ヶ月

×

カートに商品が入りました。

メルマガ会員登録

メールアドレス

登録 解除


※WEB会員の登録はこちら

このページの先頭へ