緑果オリーブオイル 搾りたて無濾過仕上げ「パハレーロ種」

  1. 井上誠耕園 > 
  2. 食品 > 
  3. エキストラヴァージン > 
  4. 緑果オイル > 
  5. パハレーロ種
  6.  > 緑果オリーブオイル 搾りたて無濾過仕上げ「パハレーロ種」

緑果オリーブオイル
搾りたて無濾過仕上げ
「パハレーロ種」

  • 季節限定
  • 数量限定
  • 今が旬

本当に緑果オリーブオイルが好きな方にぜひ食べていただきたいオイルです 果実に含まれている天然成分そのままを含んだオリーブオイルは、フレッシュジュースのようなものです。そのため、品種はもちろんですが、収穫時期や気温、天候、収穫方法によってまでも風味や香りが変わってしまうほど繊細な一面を持っています。
無濾過(むろか)で仕上げた「緑果搾り(緑果オリーブオイル)」は、濾過を行わず果実の天然成分をそのまま残し、「味」「香り」「苦味」が強く、濃く深い味わいに。
個性のある搾りたての味わいは、現場でしか味わえない「生」の味わいです。目を閉じればまるでオリーブ畑が見えるかのような新鮮さをお楽しみください。

規格名・商品番号 通常価格
(税込)
販売価格
(税込)
在庫 数量
450g
01159--
ご指定可能日:7営業日以降
5,400 22
  • 無濾過(むろか)仕上げとは
  • 「緑果オリーブオイル 搾りたて無濾過仕上げ・パハレーロ種」は日本ではなかなか味わうことのできない無濾過のオリーブオイルで、果実をオイルにするために行う工程の中の一つ“濾過(ろか)”を行わずに仕上げました。「生」に近い仕上がりのこのオイルは鮮度が命。そのため、搾油後のオイルの保管や輸送、徹底した品質管理が求められ、大変デリケートなオリーブオイルになります。
    今回は、提携農家があるスペイン農場で今季収穫・搾油したばかりのオイルを空輸便で持ち帰りました!少しでも早くお届けするために、インターネットで予約販売、ボトリング完了後すぐに発送させていただきます。

  • 今年はパハレーロ種で搾りました
  • オリーブと一言でいっても、じつはいろんな「品種」があるってご存じでしょうか。
    また、果実の熟度や育った土地の風土、収穫した年の気象条件、さらには農園主の栽培に対する考え方や育て方によってもオリーブオイルの味・香りは大きく変わるのです。
    カタルーニャ地方ではアルベキーナ種、アンダルシア地方ではピクアル種と、その土地の気候に合う品種が栽培されていますが、私たちの提携農家である「ルケ家」の土壌で代々受け継がれている世界的にも珍しい品種が「パハレーロ種」です。昔ながらのアンダルシア・コルドバのオイルの味とも言えます。
    品種の特徴としては早生(わせ)品種で、他のオリーブ果実と比べ熟すタイミングが早い品種のため、今季のスペイン産・緑果オリーブオイルの中でも一番に日本に到着しています。
    青リンゴやキウイのような若々しい香り、喉を通る時に感じる辛みは、搾りたての新鮮なオイルでしか味わえない旬の味。一味違うこのオイルをぜひお試しください。



原材料名

食用オリーブ油(スペイン農場産)

賞味期限

製造日より1年

×

カートに商品が入りました。

メルマガ会員登録

メールアドレス

登録 解除


※WEB会員の登録はこちら

このページの先頭へ