小豆島産 初摘み焼き海苔

  1. 井上誠耕園 > 
  2. 季節限定 > 
  3. 小豆島せとうち感謝館
  4.  > 小豆島産 初摘み焼き海苔

小豆島産 初摘み焼き海苔

  • 季節限定
  • 数量限定
  • 今が旬

大変貴重な小豆島産100%「採れたて海苔」初摘みです!! 小豆島の冬の風物詩といえば、海苔漁です。その中でも一番初めに採る「初摘み」の海苔は、とくに繊維が細くて柔らかく香りもよいと言われています。近年、全国的に暖冬の影響で海苔の不漁が続き、採れたての初摘み海苔は、とっても貴重になっているんです。

旬の今しか味わえない味と香りを、是非お楽しみください。

海苔1枚のサイズ:横4.7cm×縦8.8cm

※本品に外箱はございません

規格名・商品番号 通常価格
(税込)
販売価格
(税込)
在庫 数量
全型5枚(8切40枚)
04726--
ご指定可能日:10営業日以降
※包装・のし不可
540 0
申し訳ございません。ただ今販売しておりません。
全型5枚(8切40枚)×3袋まとめて
04726--03
ご指定可能日:10営業日以降
※包装・のし不可
※うれしい春のキャンペーン価格
(他キャンペーンとの同時適応対象外)
1,620円 1,539 0
申し訳ございません。ただ今販売しておりません。

美味しい海苔が育つ小豆島の海


瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、昔から冬場の「のり」漁が盛んに行われて来ました。

瀬戸内海が海苔を艶やかに味良く仕上げてくれる理由の一つは、たくさんの島があることでつくり出される複雑な潮の流れ。

そしてもう一つは日本最大の内海であることから、周りを囲む川から流れる栄養豊かな水に恵まれていることだと言われています。


何と言っても「一番摘み」!

「薄く黒い葉が20cm~30cmに育てば刈る」を繰り返し、1~2月が最盛期となる海苔漁ですが、何と言っても初収穫の海苔は、柔らかく香りが高いので高額で取引されるんです。


小豆島の海苔漁師さん

瀬戸内海に浮かぶ小豆島沖合いで「浮流式(うきながししき)」と呼ばれる方法で育てられる艶やかな海苔。海苔漁師さんは10月に種付けをしてからしばらくは苗を育てるために、毎日海から引き上げて天日干しをしてはまた海水に戻す、という作業を繰り返し、水温がぐっと下がる時期にようやく刈り取りを始めます。

年間で一番寒い時期に海の上で海苔まみれになりながら刈り取りをするのはとても大変な作業です。

ミネラルいっぱいの海苔を食べられているからか、お肌つやつやですね!


混じりけの無い海苔に

収穫された海苔は鮮度を落とさないようにすぐに洗い、汚れや異物を落とします。

短くカットした後に、熟成させてから、紙すきの要領で海苔をすき、乾燥させます。


良い海苔を選別する「目」

乾燥させた「乾のり」は現在は最先端の自動選別機を通し異物の入っていないものだけが選ばれますが、最終的なチェックにはやはり人の「厳しい目」が必要。

小豆島の海苔の品質を守ってくださる、島の職人さんに本当に感謝です。


小豆島の海の優しい香りがふわっと広がります

海苔は「海の大豆」と言われるほどミネラルが豊富に含まれています。

旬の今しか味わえない味と香り、繊維の細かい初摘み海苔ならではの柔らかい口溶けをお楽しみ下さい。




  • 原材料名、賞味期限はこちらopen
  • 原材料名

    乾のり(香川県産)

    賞味期限

    製造日より1年

×

カートに商品が入りました。

  • 春のオリーブ感謝祭開催中
    (~4月28日まで)

メルマガ会員登録

メールアドレス

登録 解除


※WEB会員の登録はこちら

このページの先頭へ